まち遺産コレクション

花と杜の散歩みち マップ

  • 価格500円
    金港堂一番町店で販売中。
    お急ぎの方は事務局までご連絡下さい。

◆事務局 連絡先◆

  • TEL : 090-6224-4036(柴田)
  • MAIL : mati-isan@googlegroups.com
    アドレスをコピーしてご利用下さい。

助成

  • ■平成24年度 第20回住まいとコミュニティづくり活動助成事業[一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団]
    ■平成23年度青葉区まちづくり活動助成事業
    ■平成19年度若林区まちづくり活動助成事業
    ■平成18年度みやぎNPO夢ファンド助成事業

« 荒巻配水所旧管理事務所が解体の危機! | トップページ | 緊急まち歩き企画 解体の危機!荒巻配水所の保存を考えよう »

2011年7月18日 (月)

Please sign! 署名依頼:荒巻配水所の保存要望について

※このページ一番下の「コメント」欄に必要事項をご記入いただくか、事務局アドレスまで、氏名・年齢・職業・居住地を明記したメールを送信ください!お願いいたします(7.19追記)。

署名用紙をダウンロードできるようにしました。下のリンクを右クリックして保存してください(7.28追記)。
「署名のお願い(PDF 27KB)」 「署名用紙(PDF 3KB)」

--
復興を志す状況下で、復興シンボルにもなりうる登録文化財を、所有している市当局自らが解体するという矛盾に疑義をお感じになるみなさまへ
To our friends, having doubt about contradiction that the administrator demolish their registered cultural property lthough it has a symbolic character of rehabilitation from this big disaster,

3.11大震災後の仙台市で、以下のような事態が進行しつつあります。
下記文面に概ねご賛同頂ける方は、コメント欄に【名前(和文+英文) 職業 居住地】を記入してください!
Urgent news at the after 311 of Sendai !
If you approve the below texts, please fill the comment box (your name, job and the town you live) or forward this mail to your friends all over the world.

From:
市民団体 まち遺産ネット仙台(代表 西大立目祥子)
Town Heritage Network Sendai: THeNS (Director: Shoko Nishi-ohtachime)
メール宛先:num@ept.tbgu.ac.jp (事務局 大沼正寛)
Send e-mail to: num@ept.tbgu.ac.jp
(Secretary-general, Masahiro ONUMA)

****************************************************************************
荒巻配水所(仙台市青葉区国見)保存のための電子要望書
A Demanding E-Paper for Preservation of the ARAMAKI WATER SUPPLY OFFICE
(Kunimi, Aoba-ward, Sendai, Miyagi, JAPAN)

2011年7月
July, 2011

仙台市長 奥山恵美子 様
私たちは仙台市にある登録有形文化財建造物、荒巻配水所管理事務所の保存を至急指示されるよう、求めます。
To Ms. Emiko OKUYAMA, the mayor of Sendai,
We require that you will indicate quickly to preserve the Aramaki Water Supply Office, one of the Registered Tangible Cultural Properties (buildings) in the city of Sendai.

復興とは、付け焼刃の再開発や短期特需でしょうか。
What does it mean "Rehabilitation" ?
Is it the impatient redevelopment or special procurement demands?

復興のシンボルともなる文化遺産を失うことは正しいのでしょうか。
Does it right that we lose our cultural heritage as a symbol of rehabilitation?

私たち市民は、いつにもまして、この近代の生活基盤に感謝をしています。
We citizen unusually appreciate this modern life infrastructure.

この仙台荒巻配水所は、​青下および中原の各管理事務所とともに、仙台市技師​・菊地孝太郎によっ て設計された昭和8年竣工の近代化遺産です。
This Sendai Aramaki water supply office is a modernization heritage built in 1933, designed by Koutaro Kikuchi, an engineer of city of Sendai who designed also Aoshita and Nakahara offices.

当時の設計理論、様式を反映した瀟酒な作品としてだけでなく、仙台の上水道第一次拡張整備期の建築いう意味でも貴重な​ものです。しかも、市民の要望によって国の登録有形文化財​に登録され、大切に保存されてきたのです。
It is valuable not only as an elegant historic architecture reflecting the design theory at that time, but also as one of the constructions of the first period of waterworks extension in Sendai. Moreover, it is not only a registered national cultural property, but also a heritage that the citizens required to preserve, so up to now, it have been endeared for a long time.

ところが、2010年に着工した施設拡張のための曵き屋の途中​で震災に遭い、少し傾きました。幸運にも修復可能な状態で済んだのにも関わらず、つい最近、解体が検討された​ようです。
But, this building encountered the 3.11 earthquake during moving and repair work "HIKIYA" for the extension of the plant started in 2010, and now, it is leaning to one side little. Fortunately, the damage was small that it can be repaired, however, you and administrators are examining the demolishing of this building.

もし守りたいのなら、技術的にも経済的にも、対外援助を求めて工事を完遂すべきではないでしょうか。仙台は、また文化遺産を失うのでしょうか。
If we need to protect, we should complete the works with foreign aid of economy or technique. Or do we Sendai lose our cultural heritages moreover?

私は、荒巻配水所の保存要望に賛同いたします。
I approve the demanding the preservation of the Aramaki Water Supply Office.

« 荒巻配水所旧管理事務所が解体の危機! | トップページ | 緊急まち歩き企画 解体の危機!荒巻配水所の保存を考えよう »

コメント

東京都中野区  54歳
建築家

和歌山市 38歳
日本ダボス委員会サポーター
NPO街づくりセンター準備室スタッフ

仙台市太白区緑ヶ丘
80歳
地域文化・出版文化研究家 

仙台市青葉区小松島
東北大学大学院農学研究科助教

つくば市竹園
筑波大学教授

仙台市青葉区
東北大学大学院工学研究科
都市・建築学専攻博士課程後期

仙台市青葉区角五郎
23歳
学生

山形市千歳
55歳
建築設計事務所

仙台市太白区東郡山
63歳
団体職員

仙台市宮城野区榴岡
39歳
東北大学大学院工学研究科
都市・建築学専攻 准教授

荒巻配水所保存の要望書を読ませていただきました。大変貴重なご提言であり、是非保存に向けて再考をお願いしたいと存じます。

仙台市青葉区高野原4-12-28
44歳

東北文化学園大学大学院
健康社会システム研究科 教授

仙台市青葉区米ヶ袋 72歳

「なにもかも」取り壊した仙台市・・・そのなか残された数少ない昭和初期の文化財、これを解体廃棄する?
ここは昭和30年代まで市内小学生の遠足の地でした。モダンな配水所の建築物は風景に溶け込んで一幅の絵のようでした。

文化都市仙台ー奥山市長さん、「撤去」で後世に名を残したいですか。嫌でしょう、市民とて同じです、残しましょう。

古い建築、産業遺産は一度失われたら二度と戻りません。保存が実現することを希望いたします。

東京都新宿区市ヶ谷薬王寺町74
住宅技術評論家

東京都世田谷区 73才
宮城,仙台の現況は、よくわかります。
しかし、急に解体、というのは、少し待っていただきたい。市民の皆さんに親しまれ、国の登録文化財に指定されている、ユーモラスな建物です。子供たちの写生会にピッタリですね。
そこで、何とか補強工事だけでもして、水道局の見解、市民の皆さんの想いそして市役所の考えを出し合い、納得しあう時間は、ぜひ、設けていただきたいものです。
解体は、しばらく待ってください。

東京都練馬区氷川台3−17−9 313

古くなったということだけで、壊す、捨てる、ことに立ち止まってください。もっと躊躇してください。その悶々とした時間に、わたしたちは多くのことを学ぶはずだと信じています。

風の時編集部代表 仙台市宮城野区

仙台市宮城野区新田
屋内外広告 サイン 景観デザイン

仙台市宮城野区東仙台
48歳
無職

尚絅学院大学総合人間科学部教授

仙台市太白区長町

仙台市青葉区 

まちの遺産を壊しながらの復興はあるのでしょうか?未来の人たちにまちの歴史を教えられるのは今を生きる私たち。震災のあった今だからこそ、もっと謙虚にまちづくりを考えていきたいと思っています。
解体の話が出ているとのことですが、仙台市がそんなことをするはずがないと信じています。

失われたら取り返せないものを文化財というと思います。今回の震災で私たちは失ってならないものを各々が確認したと思っていたのですが・・・

杉山丞
sugiyama susumu
東北大学特任教授
仙台市青葉区
51歳

山村咲子 Sakiko Yamamura
東京都台東区
建築設計事務所勤務

榊原 進
都市デザインワークス
仙台市太白区
37歳

荒巻配水所は、青下ダム他と共に仙台市の水道事業草創期に造られ、現在まで貴重な文化遺産として保存活用されてきました。十数年前、どの近代建築資料にも掲載がなく、「自分達が発見した!」と大騒ぎし、設計者の菊地氏については仙台市の古い資料の中から、T・N嬢が大苦心の末に調べ出しました。菊地氏の親戚の方に会いにも行きましたし、柏木のお墓にもお参りしました。昭和初期に建てられた物ですが、大変状態もきれいでとても丁寧に修繕もされ、本当に仙台市における「近代建築の宝石」のような建物なのです。この素晴らしい建物をこのまま、市民との話し合い もなく取り壊していいのでしょうか?!そんなことをしたら、仙台市は全国に恥ずかしいのではありませんか?何とかしたい、しなければ…。と強く思います。

要望書を拝読いたしました。近所に住まい、働いております。保存要望について、全くの同感でございます。仙台市民の貴重な資産を守るべきと存じます。

八十川淳
東北文化学園大学
仙台市青葉区八幡
44歳

初田香成
Kosei Hatsuda
33
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻特任助教
東京都

仙台市は太平洋戦争の空襲で数多くの歴史的痕跡を失い、高度成長以降も多くの歴史的建造物を取り壊してきました。そうしたことへの反省から一度保存活用を決めた建築物を、被災したからといって取り壊すことは出来ないと考えます。歴史の奥行きの無い都市ほどつまらない所はありません。

千葉県茂原市 63歳
宮城大学名誉教授

平山友子 Hirayama Tomoko
東京都練馬区
50歳 ライター

石川慎治 Shinji ISHIKAWA

滋賀県立大学人間文化学部 助教
滋賀県彦根市
36歳

東京都荒川区東尾久

東京大学大学院 都市工学 博士課程

畠中智子(52)
コミュニケーションデザイナー
「高知のまちづくりを考える会」代表
高知県高知市西久万

素晴らしくチャーミングな建物が、
ちゃんと未来に残されることを希望します。

佐藤正記/Tadaki Sato
50歳
コンサルタント
仙台市宮城野区

白木里恵子 Rieko Shiraki
イタリア、フェラーラ Ferrara, Italia
Master EcoPolis, Università Di Ferrara, Italia
早稲田大学 理工学研究所 研究員

住所:大津市仰木の里6-3-16

建築学者・工博、71歳
京都府立大学名誉教授
新建築家技術者集団代表幹事

コミュニティデザイナー
NPO法人まちづくり学校 代表理事
新潟県村上市

この建物は、まだ生きている「まちのたからもの」です。
なくなってしまった時のことをみんなでイメージして、後悔しないまちの復興を考えるべきではないでしょうか。

NPO法人安房文化遺産フォーラム事務局長
千葉県館山市

在宅ウェブデザイナー
中野区上鷺宮

どうしてこんなに悲しいのだろう
私が何をしたのだろう

私はいつもここに居るのに
どうして話を聞いてくれないのだろう

ことばに力がないのなら
私は静に矢を放つ

これから生きるモノタチのため
これから笑うモノタチのため
これから想うモノタチのため
見下されてしまった不幸せのために
愛の籠もった矢を放つ

湯本智子 Yumoto Tomoko
広瀬川市民会議会員
仙台市青葉区

この大震災の中で、学んだことは、先人の体験や伝承の大切さであり、それらを遺していくことであり、経済性や便利さのみを追求することへの反省であるはずです。是非、仙台の歴史遺産を残していただきたいものです。

  染谷 恵司    63才  
  仙台市若林区沖野
     無職

平川 新 60歳
東北大学教授 
仙台市青葉区在住

仙台市が登録文化財にしたものをみずから解体するためには、市民が十分に納得できる理由と手続きが必要ではないでしょうか。今回の措置については、そのいずれもが十分だとは思われません。

被災した市民に代わって残す立場であるべき行政が、その逆を率先してはいけませんね。

島康子 45歳
青森県下北郡大間町
会社役員

心が残っての復興!

山本和恵(46)
東北文化学園大学
仙台市青葉区

毎年、学生にスケッチしてもらっていた建築です。

地震と津波で、歴史を重ねた多くの住居や建物が失われました。かろうじて倒壊を免れた建物の命脈まで絶ってしまわないで下さい。

大友浩一/Otomo Koichi  43歳
仙台市太白区在住
会社経営

まちは、さまざまな世代・職業の人達、建物・施設にあってはいろいろの時代のものが混在し、折り重なってはじめて成立し魅力がでるものです。そういう意味からこの排水所も成立のための貴重なエレメントと考えます。保存を切に願います。
仙台市若林区 62歳

建築家
イタリア在住
東北文化学園大学客員教授

復興にとって、記憶の保存が極めて重要な要素である事を忘れないでほしい。

震災で、なくなってしまう物ばかりでは、意味が無いと思います。
心の中の思い出の風景を一つでも多く遺していただきたいと思います。

八島日奈子/Hinako Yashima (38)
東京都立川市
主婦

先月初めて仙台に行ったのですが、知っていたら見てきたかったです。
ちなみに以前に大阪の阪急梅田駅コンコースの保存活動をウェブ上でやっていたことがあります。何かのご参考までにアドレス入力欄にそのときのブログのURLを添えておきます。

丸井隆人/takato marui(40歳)
大阪市北区
ウェブデザイナー

菅藤奈緒美/Naomi Mogami
山形県山形市
26歳
建設業

勉強した思い出の建物がなくなってしまうのは悲しいです。素晴らしい建物なので是非残していただきたいです!

最上奈緒美/Naomi Mogami
名前訂正です。失礼しました。

高橋直子/Takahashi Naoko
仙台市太白区
建築事務所

このような美しい建物が仙台に残っていることを誇りに思います。
ゴミにすることはもう止めましょう。時間はお金では買えません。歴史的背景をこれ以上失う事は、仙台市の魅力を失う事になってしまいます。
どこが危険なのか明確にし、様々な方法を探りましょう。残してください。

四万十市西土佐西ケ方
デザイナー
みるだけでそのときにもどれるようなものって、そうはない。とおもいます。

失くしてから惜しんでも元に戻りません。積み重ねた歴史は他の土地にはないものです。大切にしてください。

東京都世田谷区
飲食店アルバイト、37歳

武田こうじ 39歳
詩人
仙台市若林区五橋

三堀久子 MIHORI Hisako
会社員
東京都台東区

婦人之友編集部
東京都文京区

フォトグラファー
仙台市青葉区

特定非営利活動法人まちづくり政策フォーラム 理事

・・・仙台のまちづくりって、残念なことが多い。。。
震災で心弱っているときだからこそ、無茶かもしれないけど、
市民の心を奮い立たせてくれるような決断を期待しています。

私は、荒巻配水所の保存要望に賛同いたします。
I approve the demanding the preservation of the Aramaki Water Supply Office.

私は、荒巻配水所の保存要望に賛同いたします。
I approve the demanding the preservation of the Aramaki Water Supply Office.

荒巻配水所の保存要望に賛同します。
神奈川県横浜市磯子
外資系ハイテク企業相談役

仙台市青葉区
50代
地方公務員

技術的に残せる可能性が0%でない限り、拙速な判断を避けてほしいです。行政と市民には、最大限の努力を傾ける責務があると思います。こんなふうに時代が進んでしまえば、時空の記憶をかすかに伝える歴史的建造物はこの街から壊滅してしまいます。これ以上の喪失感を味わいたくないです。

仙台市青葉区栗生
41歳
建築設計事務所

仙台市青葉区

仙台市の登録文化財である以上、市民への十分な説明が必要です。手続き上の問題だけでなく、その時間を作る責任があることを自覚していただきたいと思います。
「大変な手間になること」ならじっくりと攻めてください。大きな困難ほど、乗越えた先に賞賛と評価が付いてきますよ!
行政の皆さん、私たちはお互いに敵ではありません。一緒に頑張って美しい仙台を守りましょう。

後安美紀 38歳
研究者 奈良県奈良市

保存要望のご趣旨に賛同いたします。

かって、仙台空襲が市街地を焼け野原に、そして、今回
震災で壊滅的破壊をうけ、復興どころか復旧すらままならず、やっと、入居した仮設住宅は、大手ハウスメーカー
のぶっつけ仕事で雨漏りはする、蟻が入る、でかい蠅を
防ぐ網戸はないと、本当に情けなくなる。せめて、指定
した文化財ぐらい守れよ。世界中探しても、古い民家に
古文書や仏像や掛け軸が自国語で書かれて、保存されている国はないと思う。ちゃんと、古文書を読んで、今回の
震災を警告していたのに、だから、未来は歴史の体内からしか生まれない事をもっと謙虚考えようと思うこの頃。

仙台市若林区
元宮城県近代化遺産総合調査員

宮城県の近代化遺産の建築物は都市を追うごとに
少なくなっています。
穀町や南材木町の道路沿いの古い建物も震災前に殆どが取り壊され新しい建物や空き地になっています。
宮城県人は隣の家が建物を建て替えれば自分の所も立て替えるという見栄っ張りなところがあるのか?古いものを残すという風土が希薄なのかもしれません。
それは行政も同じでこれまでにどれだけ多くの貴重な建物が解体されているのかわかりません。

荒巻配水所の保存要望に賛同します。
東京都港区
技術者

荒巻配水所は、趣があり、散歩するのに気持ちの良いところでした。特に唸り坂のあたりは、石碑群とともに杉木立が古道の面影を今に伝え、近所の私にとっても誇りでもありました。

しかし昨年、道路の拡張のために木々は切られてしまいました。それだけでも、十分にさびしいのに、旧事務所までなくなってしまうのは耐えられません。木々に囲まれ風格のある事務所も、そのままだったら地震にも耐えたかもしれない、と思えてなりません。今の姿はあまりに痛々しいです。

危険だし、修復はお金がかかるから、壊します、というのはあまりに情けない。震災で、市に余裕がないのは理解します。でも拙速に事を進めないでほしいと思います。

仙台市青葉区
東北文化学園大学
馬内里美 

笹岡真由子 Mayuko Sasaoka
神奈川県川崎市
在宅エディター

荒巻配水所の保存要望の趣旨に賛同します。

八巻美恵 Yamaki Mie
東京都世田谷区
編集者

荒巻配水所の保存要望に賛同します。
こどものころ荒巻に住んでいました。

市村均 Hitoshi Ichimura
東京都目黒区
編集者&ライター

青葉区支倉町

佐藤典子/Sato Noriko
37歳 奈良県生駒市

佐藤拓道/Sato Hiromichi
36歳 施設支援員 奈良県生駒市

一級建築士事務所本庄晶子建築設計室
横浜市青葉区

作家・地域雑誌編集者
たぶん私が文化庁の審議会委員をしていたときに登録したものかと思います。
まだこれだけの形をとどめているのなら、拙速に壊すことはありません。
もっと先にやるべき被災者の救済を後回しにして大事な建物を解体するのはおかしいです。
このような歴史的建造物は復興の際の町のシンボルになります。

千葉県市川市八幡
東北芸術工科大学名誉教授

仙台市青葉区三条町
東北大学職員

歴史的建造物(東京都名勝)保存管理マネージャ
東京都豊島区
かわいらしい建物なので、保存活用されて、多くの方々に長く愛されることを願っています。

設計事務所主宰(一級建築士)
NPO尾道空き家再生プロジェクト理事
千葉県

辻田勝吉/Katsuyoshi TSUJITA
44歳
大阪工業大学 工学部 准教授
奈良市在住

創造し、次の世代へと伝承していくという能力は、地球上でおよそ唯一人類だけが持つ崇高な知性であり、種としての存在証明でもあったはず。

今回の配水所保存要望の趣旨に賛同いたします。

東京都町田市
会社員

知人からの紹介で、初めて町遺産の活動をなされていることを知りました。以前のことになりますが、ステンドグラスが特徴だった裁判所がとりこわされたことがとても残念でした。バイパス商店街の画一的な個性のない街づくりにいつも怒っています。身近なところに藁葺の家や大正、明治風の建物があるとほっとし、心なごみます。歴史を感じる建物を大事にすることは人も大切にしていることに通じているからではないでしょうか。壊れたから、古いからと効率一辺倒での判断ではなく、その地の特徴ある文化遺産をどうぞ大切にしてほしいと切に願います。

大平茂男
協同組合 伝統技法研究会 代表理事

村上 敦/Atsushi Murakami
東京都渋谷区
デザイナー

山舘祐一
東京都渋谷区
デザイナー

仙台市青葉区片平
荒木俊行編集事務所
編集者
私は荒巻配水所の保存要望に賛同します。
「ひとはなくしてみてはじめて持っていた(大切な)ものに気付く」といった歌を誰かが歌っていました。もう少し、話し合ってみましょう。

三木賢治
東北文化学園大学教授 元毎日新聞論説委員
仙台市青葉区

村尾 英美子 
団体職員
名取市増田

北村恵理 
47歳 イラストレーター
横浜市港北区

早田雄次郎  早田のりこ
建築設計事務所
神奈川県藤沢市

今、ツール・ド・フランスをTVで中継しています。
自転車レースの周りには10世紀からの城や教会が現存して、時にホテルや資料館に姿を変えながらも残されている景色が見られます。戦禍で半壊状態でもそのまま残されていることもしばしば。その景色に憧れて旅に出るし、その景色あってこそのフランスだと余所者は思います。それは仙台を見るときも同じです。震災の後で、あの建物が無事だったと思うだけでもほっとします。文化というものが何であるのか、行政に通じることを祈ってます。
秋山明子 Akiko Akiyama 
雑誌編集
埼玉県さいたま市

友人から転送されていたのに、反応が遅くてすみません。父は仙台出身の美術批評針生一郎、父の実家は河原町の仙台味噌老舗針生醤油店でした。仙台は私にとっても第2の故郷です。先日仙台門前町在住の弟と、河原町~日辺の徳昭寺~荒浜~閖上を走ってもらいました。東京育ちの弟は宮城沖地震の後、針生醤油店の再建のため仙台に住むようになりましたが、この震災でも仙台を離れる気はなく、
ちょうどよい大きさの住みやすい街のようです。荒巻排水所、モダンな建築ですね。仙台の進取の気迫が伝わります。 井上ひさし作品の映画 『青葉繁れる』(父の弟針生宏が制作しました)にも出てきた河原町の白壁土蔵作りの屋並みもまったくなくなり、淋しい限り。地震で生き残った強さを、ぜひ、保存の方向へ、生かしてください。

藤本篤子
システムエンジニア
広島県広島市

広島でも、貴重な歴史遺産である被曝建物がたくさん取り壊されてきました。
建物は、いつでも壊せるけれど、いちど壊したら、取り返しがつきません。
時代の証人を、後の世代に手渡せますように。

沢田まこと/Makoto Sawada
漫画家
東京都杉並区

配水所の保存要望に賛同いたします。

小貫 勅子
36歳
東北大学キャンパス計画室
仙台市青葉区米ヶ袋

香川浩
建築家/スタジオ香川
千葉県我孫子市在住

40歳 総合園芸家
埼玉県草加市

梅田かおり
照明デザイナー
仙台市青葉区荒巻

荒巻配水所の保存要望に賛同します。

以前散歩の途中で発見し、ひとめぼれした建物です。
歴史的な素敵な建物の少ない仙台に残すべきです。ただ保存するのではなく、広く市民に開放して使いながら大事に残していくべきではないでしょうか?カフェやギャラリー、ミニ図書館などとして使えたら最高の空間になると思います。

寒河江 昭二
40歳
建築設計事務所 代表取締役
東京都小平市

プロデューサー・演出家
仙台市在住
配水所の保存要望に賛同いたします。

荒巻配水所の保存要望に賛同します。

仙台市青葉区在住

大震災に耐えた荒巻配水所の保存要望に賛同いたします。


松田道夫
日本民家再生協会の友の会会員
東京都江東区

私は、荒巻配水所の保存要望に賛同いたします。

財満やえ子
東京造形大学教授
財満住環境設計室
東京都渋谷区

荒巻配水所の保存に賛同します。
赤沼 繁
東京都荒川区 

書籍取次勤務
東京都北区田端

荒巻配水所の保存要望に賛同いたします。

以前ここで行われた絵画展に、友人に誘われて訪れました。うっそうとした木立の向こうに、この小さくてモダンな建物がありました。
すり減った床、階段、手すり、回りながら上った先にある小さなパティオ。階段室やパティオに一人座って過ごした静かな時を思い出します。

仙台は、この度の震災で、多くのものを失ってしまったのではないでしょうか。
文化は、写真や文字だけでは語り継げません。見たり触れたり、体感することによって愛着を持ち、それは、その物や場所だけではなく、そこを擁する地域への愛着になり、すべてが文化として引き継がれていくのだと思います。その手がかりの一端を、今また、人の手で「解体」する事が必要なのでしょうか。

I support the preservation of the Aramaki Water Supply Office.

Marin Katov
Research assistant at Tohoku University 2000-2004

趣旨に賛同いたします。

菊池 輝 kikuchi Akira
東北工業大学工学部 准教授
仙台市青葉区片平

愛知県在住
デザイナー 
荒巻配水所の保存を是非、お願いします。
設計者 菊池孝太郎の孫です。祖父孝太郎は母が子供の頃に亡くなっているので、当然私は会ったことはないのですが・・10年ほど前に主人や実家の家族と母のふるさと仙台に旅行し、皆で荒巻配水所や青下ダム旧管理事務所を廻り、建物内も見学させていただきました。つい先日、仙台に住む母の従姉妹から、新聞の記事が送られ、今回のことを知りました。震災後、あの建物は大丈夫かと気になっていました。昭和初期の建築にしてモダンで円筒の中の回り階段や丸窓が個性的で私は大好きです。もう一度、絵に描きにいけるよう出来るだけ、残して頂きたいです。個人的な希望ですみません。余談ですが、博物館明治村の内閣文庫という建物に常設展示の建築模型展の中に荒巻配水所の模型もあるんです。

私は荒巻配水所の保存要望に賛同いたします

要望書に賛同いたします。

NPO法人玉川まちづくりハウス
東京都世田谷区

趣旨に賛同いたします。
後藤隆太郎/40歳
佐賀大学准教授
佐賀県佐賀市

配水所の保存に賛同します。

翁ひろみ
彫刻家
仙台市太白区在住

仙台市の文化意識をより一層高めて頂きたいと思います。

仙台市長
奥山 恵美子 様

配水所の保存に賛同します。

仙台市 基本構想 基本計画 (抜粋) 平成22年9月 の通り 誤りない行政運営を信じています。
参考
仙台 の 未来に責任を持つ都市経営を厳しさ
しさを増す時代環境にあっても、未来に責任を持つ確かな都市経営を 実現するため、行政運営における協働を進める事により、市民力を高め 地域の企業、NPOなどとの連携を強めるとともに、市民の生活の場である地域を重視し、個々の地域 の特性に応じた 地域政策を展開して行きます。
また、市民ニーズが多様化するなか、施策の優先順位にしながら事業の選択と 集中を進める他、公共施設の総合的な マネジメントを行なうなど、さまざまな取り組みを迅速に進め、市役所の自己変革を加速します。

荒巻配水所の保存要望に賛同いたします。

伊藤純一(48歳)
新潟市中央区東堀前通1番町
伊藤純一アトリエ

一度解体されたものはもう元に戻りません。時間をかけた慎重な議論が必要だと思います。

40歳
大学教員
仙台市太白区

グループタウンウォッチング
まち歩きの会主宰
千葉県船橋市

古典研究家
千葉県前橋市

貴重な近代建築遺産です。保存処置の途中で被災したのですから、まず保存の可能性を徹底的に模索すべきです。一度失われたものは、再び蘇らせることはできません。役人には、100年後にどう評価されるかを考えるよう求めることが必要だと思います。

要望書に賛同致します。
今私達市民が行うべき創造は「活かして残すデザイン」です。スクラップ&ビルドは永久的な連鎖をうみ、結果的に何も残りません。如何に使うか、如何に残すかをより多くの人が係って考えて行くべきだと思います。

日本の文化的建築と周辺環境を守る会 事務局

徳竹剛(tokutake tsuyoshi)
東北大学准職員
仙台市太白区

配水所の保存要望に賛同します。
是非近代化遺産としていい形で残して下さいますよう。
大森尚子

大森建築設計室 代表 
(社)三重県建築士会女性部会長

三重県津市在住

荒巻配水所の保存要望について賛同します。

配水所の保存要望に賛同いたします。

一級建築士事務所 童夢 代表
山形県酒田市

保存に賛成します

昭和8年建設の建物とは思えません。
当時の斬新な建物だと思います。保存の必要があります。

仙台市太白区在住
現役を離れたOB社員

荒巻配水所の保存要望に賛同いたします。

(社)岐阜県建築士会
女性委員会 委員長 飯沼 あい子  

保存要望に賛同いたします。

30歳
システムエンジニア
千葉県八千代市在住

実家が仙台なので応援したいです。
茨城県龍ケ崎市在住

山形大学 教授

荒巻配水所の保存に賛同します。まち遺産ネット仙台の皆様頑張ってください。

茨城県龍ケ崎市

保存要望に賛同いたします。

茨城県龍ケ崎市

荒巻配水所の保存に賛同します

守れるものは、守りましょう。

守れるものは、守ってください。

保存要望に賛同します。

三重県四日市市在住 内田安南

荒巻配水所の保存要望に賛同致します。
愛知県尾張旭市在住 河口美智子

河原町界隈の江戸期と大正期の二つの蔵をお借りして、桃の節句には歴史的建造物の魅力や大切さに関心を寄せてほしく、毎年雛祭りを開催しています。この個人所有の二つの蔵も震災で被害に遭いながらも、何とか壊さず修復したいと負担を覚悟で頑張っておられます。

地元の先人が愛情を注ぎ設計された建築物が曳屋中に、あの大地震で遺った奇跡は不死鳥の生命力や不思議を感じます。ぜひあの建物を遺していただきたいのです。救ってあげたいのです。守りたいのです。そして「陸前高田の一本杉」のように、大震災に耐えぬいた建物として次世代に継承し、語り継いでいきたいのです。

素晴らしい桜並木はいつの間にか伐採され悲しい思いをしましたが、大きなヒマラヤ杉とアーチ型の入口と共に、丸みのある味わいが愛らしさを醸しだし、市民に愛されるステキな公園エリアになりますね。また、あの辺りには神社や史跡が現存し、創造性と癒やしがあふれる学びのお散歩コースになり楽しい企画も可能です。市が目指すミュージアム都市構想に合致するものと確信いたします。

今だからこそ歴史的・文化的な重要さや価値を再評価し、早急な修復を願いたいです。
 水道局並びに仙台市に、英断と心意気を期待しております。

  粋々まちなかプロジェクト 代表 齊藤衣代

歴史、文化財、景観、思い出、といった一見何の役にも立たず、金銭的価値を生み出さないように見えるものが、実は人に力を与えているのだと気づくことがあります。
荒巻配水所の件については、再度の検討を要望いたします。

荒巻配水所が保存されるよう要望いたします。
茨城県つくばみらい市 在住


荒巻配水所が保存されるよう要望いたします。
茨城県龍ヶ崎市
NPO法人
龍ヶ崎の価値ある建造物を保存する市民の会
 理事長  佐川 勝利

趣旨に賛同いたします。

三日月紗織 33歳
仙台市宮城野区萩野町
ライター

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199096/40857354

この記事へのトラックバック一覧です: Please sign! 署名依頼:荒巻配水所の保存要望について:

« 荒巻配水所旧管理事務所が解体の危機! | トップページ | 緊急まち歩き企画 解体の危機!荒巻配水所の保存を考えよう »

無料ブログはココログ