まち遺産コレクション

花と杜の散歩みち マップ

  • 価格500円
    金港堂一番町店で販売中。
    お急ぎの方は事務局までご連絡下さい。

◆事務局 連絡先◆

  • TEL : 090-6224-4036(柴田)
  • MAIL : mati-isan@googlegroups.com
    アドレスをコピーしてご利用下さい。

助成

  • ■平成24年度 第20回住まいとコミュニティづくり活動助成事業[一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団]
    ■平成23年度青葉区まちづくり活動助成事業
    ■平成19年度若林区まちづくり活動助成事業
    ■平成18年度みやぎNPO夢ファンド助成事業

« まち歩き「北山で葉音と水音を聴く」開催のお知らせと下見 | トップページ | まち歩き「新坂筋の段丘を歩く 水と緑の散歩道」のお知らせ »

2011年6月20日 (月)

まち歩き「北山で葉音と水音を聴く」実施

1106181
平成23年6月18日、今年第2回目のまち歩きとなる「北山で葉音と水音を聴く」を実施しました。
ちらしの配布と新聞のイベント欄を見て17名の方が参加されました。
前回の「八幡・国見」に引き続いて参加してくださった方も2名いらっしゃいました。
1106182

■まずは鹿島神宮のある鹿島崎の石段を登ります(1枚目写真)。
崖の勾配に合わせて造られた急な石段で上りにくいですが、ここを上がってしまえばあとはほぼ平坦な北山五山めぐり(輪王寺含む)が楽しめます。
1106183

■仙台市保存樹木になっている光明寺のオオバボダイジュのつぼみ(2枚目写真)。
お釈迦様が下で悟りを開いたとされるのはインドボダイジュ(クワ科)ですが、日本や中国では葉の形が似ているシナノキ科の種をボダイジュと名付け、お寺などによく植えているそうです。

■青葉神社の裏の杉林の路(3枚目写真)は、杉の葉が降り積もってふかふかと足に心地よい感触がしました。
1106184

■羽黒神社(4枚目写真右手)が折り返し点です。
出羽三山の月山神社、湯殿山神社も合祀されています(同写真左手)。
因縁記によれば、伊達政宗は湯殿山初代行者萬海上人の生まれ変わりであり、その弟子慶印上人を羽黒神社の開祖としたといわれます。
1106185

■大法寺付近から流れていた小川の跡が曲がりくねった道になって続いています(5枚目写真)。
かつての水路のなごりの石垣やいけがきを通して見ると、いつも見ている風景と逆にまちを裏返しに見ているような感じがします。


« まち歩き「北山で葉音と水音を聴く」開催のお知らせと下見 | トップページ | まち歩き「新坂筋の段丘を歩く 水と緑の散歩道」のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まち歩き「北山で葉音と水音を聴く」実施:

« まち歩き「北山で葉音と水音を聴く」開催のお知らせと下見 | トップページ | まち歩き「新坂筋の段丘を歩く 水と緑の散歩道」のお知らせ »

無料ブログはココログ